不動産投資信託や資産運用をする上の肝|必勝ガイド

不動産

注目される投資は

お金

不動産を所有している人が、不動産投資をする事があります。所有している財産を活用する事で、さらに増やす事も出来るでしょう。注目されている投資の1つです。この先も需要があるとされています。

Read More..>>

人気沸騰中の投資

お金

今話題になっている上場不動産投資信託は、投資主から集金したお金で投資物件を利用し、収益をあげることができる金融商品になります。運用方法は様々なので、目的にあっている投資を行なうことが大切です。

Read More..>>

物件を見極める

集合住宅

東京オリンピックが開催されるために不動産投資信託を行う人が増えてきました。この投資法は、安定した収入を得ることができる事として注目されています。成功させるためには、物件を見極めることが大切です。

Read More..>>

リスクを知っておく

不動産投資信託の情報をわかりやすく把握する事が出来ます。万が一の際のリスクも紹介しているので参考になりますよ。

当初は空室リスクが高いことはやむをえません

集合住宅

収益物件で不動産投資をする際に気を付けなければならないことは、空室リスクです。つまり、どれだけ高い稼働率をキープさせていられることができるかということが重要になってきます。中古ワンルームマンションやオフィスビル等を個人で所有して不動産投資をする場合、戸数が少ない最初のうちは空室リスクが高くなります。これは収益を保有している物件に依存しているため、避けられない状況といえます。不動投資を始めるときに、当初から10物件や20物件など多くの数を所有すれば避けることができますが、当初よりそれほどの資金を用意するのは困難です。しかしながら、少額でも極力空室リスクを抑えて不動産投資を始められる方法があります。

上場不動産投資信託から始めてみよう

それは上場不動産投資信託を保有することです。上場不動産投資信託は投資主から預かったお金でオフィスビルやマンションなどの収益物件を購入し運営します。そして、そこから得られた収入を原資に投資主に分配をする金融商品です。すでに多くの収益物件を保有し運営しているところに途中から相乗りをすることができるので、1戸ずつ資産を積み上げていく必要がありません。そして多くの投資主が参加しているので、その資産規模も数百億円から数千億円と巨額です。その分、空室リスクが小さいと言えます。手元資金が潤沢でない場合には、上場不動産投資信託で空室リスクを回避しながら運用し、ある程度資金が貯まったところで中古ワンルームマンション等の収益物件にチャレンジしてみるとよいです。